スポンサーサイト 

--年--月--日 --時--分 スポンサー広告 コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

2008年05月21日 18時11分 K浦の戦 奇書(2)
今日は、コメントがあってものっそい嬉しかったK浦です。

前回の更新で書いたように、最近指鹿為馬にハマってます。

面白いですね、あのカードは。

指鹿為馬の上で水禍を打てば殆ど殲滅できますし、
相手がそこで計略を打ってきても時間短縮を狙えますし。

ただ。

指鹿為馬を使ったデッキは、高度な操作テクが必須条件であると認識しました。
厨義以外のどんなデッキでも大抵操作テクは要りますが)

どれほど上手く相手を流したとしても、

相手の兵法が再起であれば、士気差を利用され、
簡単にカウンターを取られます。

加えてほぼ騎馬単デッキなので、攻城力が非常に弱く、
簡単に試合をひっくり返されるという現状。

なので今は馬鹿連環に心惹かれていますw



そういえば先日、どういうマッチングミスか、4品の方とあたりました。
(K浦は現在7品)

デッキは手腕・太史慈・凌統・尚香・転進という超ガチデッキ。

ボロ負けするだろうなーと思い取り敢えず開幕進軍させたら、
完全にナメられており何度も連突を与えてくれるという。
(というか相手は微動だにしてませんでした…orz)

流石に悔しくなり、
全員で右端を攻めると同時に、相手が指鹿為馬の上にきたら発動。

慌てて転進する相手。

攻城を開始すると同時に、水禍マウント。

凌統のみがこちら側を攻城しにくるも、
諸葛キン以外が綺麗に指鹿為馬の上に出てきたため、流す。

全員綺麗に流れる(このとき歓喜)

そのまま落城できましたw

相手が再起でなく業炎を選択していたのがラッキーでした。



まあ、というどうでも良い自慢話でした。

何が言いたいかというのは。

デイコウは面白いカードだと言う事ですw

奇書



〉マユラさん
流石はマユラさん、デイコウの良さとデメリットを表した表現ですねw
水禍をうって再起のカットインが入ると残念でなりません(;ー;)

2008年05月26日 17時00分 K浦 編集

禰衡は強いカードと言うことです。
でも転進再起・浄化・反計・(ダメ計の場合)再起には
涙が出るほどプレッシャーがかかる
デッキになると言う事です。
2008年05月25日 23時47分 マユラ 編集

K浦orT中への奇書
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。