スポンサーサイト 

--年--月--日 --時--分 スポンサー広告 コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ホントに徳システムって危機感がない件。 

2007年09月05日 23時05分 T中の戦 奇書(4)


 こんだけ詳しくリプ書いても誰も見てねーだろうことに気付いた今日この頃。こんばんわ、T中です。


戦績:○××○×△○○○○○ 徳2→4


 相変わらず漫然とプレイ。なぜだ。ガン待ちなデッキのせいでしょうか? そして徳喪失するからなんなの?って考えが全体的に漂っていて緊迫感とか無縁です。

 まあ覇王にでもなれば違うんでしょうが、そんなことは億が一にもないでしょう。中華統一した上に覇王昇格なんてしてしまったら人生の運を使い果たしてしまって、人ごみの中で隕石がピンポイント直撃して天へ召されてもおかしくありません(どんだけ

 というわけで懲りずにリプをお送りします。興味ない人も、似たデッキが出てたら参考にするのが吉ですよ。まあ対戦相手がオレというのが微妙ですが…



 使用デッキ
070825meikunmahiyadekki.jpg
 明らかに麻痺矢号令よりも赤壁を頼りにしているキライがあります。麻痺矢号令が守備的な面で真価を発揮するという面もあるのでしょうが。ステルス赤壁→一発攻城→名君or麻痺矢で守り逃げ、というのが勝ちパターン。兵法はレベル7連環一択。早く呂蒙と周瑜の戦器持ってこいや商人。

 一戦目 vs魏蜀連合デッキ
07090501gishokurengou.jpg
 開幕から張飛に周瑜を踏ませて全員で攻め上がり、赤壁撃って壁一発リード先取。以降は麻痺矢、名君、連環で守り逃げ。徳が3になりまして。

 二戦目 vs八卦デッキ
07090502hakke.jpg
 赤壁で焼いとけば勝てるだろうとタカをくくっての開幕はステルス赤壁で壁二発のリード。しかしここで相手が再起を叩き、周瑜を落とされてしまう。そのまま攻め込んできた相手に麻痺矢を撃つ士気もなく、二人掛けで名君対策をされ、城門でひたすら援兵張飛に粘られ4.1対71.2の完敗。攻め時、退き時をしっかり見ておかないとですねー。

 三戦目 vs蜀涼デッキ
07090503shokuryou.jpg
 恐らく開幕系のデッキだが、やはり姜維が一番の脅威(ここ笑う所だよ!
 開幕から柵を破壊されて大幅に城を削られ、カウンターで攻め込んでみるが姜維の挑発連打によって全て凌がれてしまい、連環も使用してほぼ成す術がなくなってしまう。そして最後に攻め上がってきた相手にこちらは弓兵を出すだけ出したら、カウント的にも無意味な挑発連打をいただく。台バンしようかとも思ったが、筐体内部のガラスが割れるらしいので我慢我慢。

 四戦目 vs八卦デッキ
07090504hakke.jpg
 敵に回られるとこれほどウザイ敵もいない>夏候覇。恒例の開幕後ステルス赤壁で壁二発城門一発のリード先取。しかしその後の相手の攻めでは夏候覇が大暴れ。槍城壁、城門、騎馬壁と叩かれまくり、城ゲージは見た目にも微妙なほどの差まで追いつかれる。そして最後の攻め、麻痺矢&連環で守ろうと思いきやまさかの神速の大攻勢。右サイドから出城した夏候覇に八卦一人掛けでの逆転攻城を狙われるが、際どいところで凌ぐことに成功、61.8対59.7で辛くも勝利w

 五戦目 vs大徳デッキ
07090505daitoku.jpg
 何で負けたんだっけ?な試合。開幕でリード取ったものの、質実状態の趙雲に横弓してたら際どく一撃入れられてしまったんだけれども。麻痺矢と赤壁があれば相性的にも普通に勝てそうなモノだが… こういうデッキには無理して開幕赤壁でリード取ることもないのか?

 六戦目 vs屍手腕デッキ
07090506sikabaneshuwan.jpg
 呉単屍、士気を溜めさせると面倒だな…と思っていたら、開幕から両者微動だにせず。屍なのにガン待ち!? それならばと左サイドからステルス赤壁を狙うもあちらの周瑜とバッティング。両周瑜とも自陣へ引き返し、その後も睨み合いが続く。ちょいちょい周瑜の位置取りを両者が試みるも相手に阻まれては引き返し、を繰り返してるうちに時間切れw ガン待ち同士だとたまに起こると聞いてはいたが、なんとも後味の微妙な展開だなぁ…

 七戦目 求心デッキ
07090304kyusin1.jpg
 前回全く同じデッキと対戦した気がするが… そしてやっぱり典韋入りの求心デッキは攻めやすいようで、開幕からステルス赤壁で大量リード。再起を叩かれたので連環で押し留めて帰城し、しばらくして攻め上がってきた相手が固まっていたところをもう一回赤壁。そのまま追い討ちをかけて、相手も諦めたのか武将を引っ込めそのまま落城ー。

 八戦目 vs桃園デッキ
07090507touen.jpg
 関羽に伏兵を踏まれてしまうものの、いつも通りに赤壁で壁一発のリード。中盤の攻めは仁王を使用されるも赤壁で焼き去り、騎馬壁一発の被害で凌ぐ。後半は連環と麻痺矢で近寄せずに逃げ切り勝利。

 九戦目 vs全突デッキ
07090508zentotu.jpg

 無理ゲーオワタ\(^o^)/

 騎馬相手に弓単で何をしろというのか。え? 成公英は歩兵? だから? そんなの気休めにもなりません…
 中央悪地形で柵は城門前に二枚ずつ重ねて / \ の配置し、周瑜は中央の悪地形に潜ませる。開幕、右サイドに密集して攻め込んできた相手はあっという間に右サイドの柵を破壊しつつ攻城まで一発入れて嵐のように去っていく…
 もう色々とヤケクソなこちらは士気が七溜まる頃に右サイドから集団で攻め上がるが、当然ながら出城してくる相手の騎馬部隊。が、ここで相手の騎馬四体が密集して赤壁の射線上に入ってきたのですかさず赤壁。戦器なしだったが、知力5の馬超と馬対、兵力がミリ減ってた張遼を落とすことに成功し、残った候成を追いかけ敵城へ。さらに周瑜が成公英を踏むという幸運も手伝い、周瑜、韓当、陸績が敵城へ張り付くことに成功。相手は再起を叩くがこちらは連環。七割も敵城を削るという逆転を遂げる。
 しかし出城してきた敵によって攻城部隊はあえなく殲滅され、さらにこちらへ向けてカウンターを仕掛けてくる。こちらは呂蒙と孫権のみというピンチと言えばこれ以上はないピンチっぷりだったが、張り付いてきた相手に名君をかけて防衛を試みる。
 残り60カウントから地獄のようなマウントをとられながらも武将を自城に出たり入ったりさせながら横弓でチクチク妨害し、士気が溜まったら名君使用。復活した武将もフル回転させて、乱戦や横弓で攻城を妨害、とにかく孫権だけは撤退させないように立ち回り、二度の全突に二度の人馬、不屈の忠義で城壁に延々と居座り続ける馬岱や、気がつけば端攻めしてる成公英を、今まで使用してきた弓デッキとは思えぬ忙しさで以って操作して、60カウントに及ぶ敵のマウントと13回の攻城を懸命に耐え凌ぎ――



 66.5対33.2で全突に勝利!! (マジで?



 結局名君を四回使用して逃げ切りに成功。名君のウザさを実感しました。コイツ絶対修正もらうでしょうね… それにしても60カウントもマウント取られてるとプレッシャーで心が折れそうでしたよ。これは嬉しい勝利w

 十戦目 vs八卦デッキ
07090502hakke.jpg
 どっかで見たようなデッキと思ったら二戦目で負けてしまった人です。周瑜と諸葛亮がぶつかるが、こちらは仁王を落としていたのでそのまま赤壁で焼いて敵城へ張り付き半分を削るリード。再起のカウンターを連環で凌ぎ、以降は二度掛けされる前に先制で張飛と黄忠を赤壁で焼くように努め、終盤に黄忠に不屈で城門に張り付かれるが横弓と名君で守って72.9対58.5で勝利w リベンジ達成!(ホントにリベンジ多いなオレ…

 十一戦目 vs桃園デッキ
07090509toen.jpg
 あまり見ないデッキながらも七連勝中。開幕に馬超が柵を一枚壊して帰城。士気が溜まる頃にこちらから攻め上がり、左サイドから出てきた馬超が白銀を使用するが、こっそり敵城前まで移動してた周瑜を直後に踏む。しめた(←古い)と思いきや、そういえば伏兵防御の戦器を持ってた馬超は半分程度のダメージ。こちらは馬超を焼きたかったが、敵城門前に三体が棒立ちしていたのでそちらを狙うことに。黄忠を撤退させ、姜維と劉備に大打撃を与えることに成功。が、あちらは白銀使用中、一度目の突撃ですでに周瑜が瀕死に(強すぎ 弓相手だとやりたい放題な馬超だが、隙をついてどうにか城壁に一発入れることに成功。ここで相手はこちらを殲滅し終えて再起の法を叩いて攻めあがってくるが、連環の法で追い返す。城に辿り着いた頃には周瑜が復活しているからだろう。
 中盤に白銀で切り込んでくる相手に対し、こちらは残った柵を盾にちょこまか逃げ回りつつ、名君を使用して防衛に回る。その後の最後の攻めも、相手は白銀と黄忠でマウントを取りつつ槍兵で張り付いてくるが、こちらは士気も万全だったので名君を使用しつつ、両サイドから韓当と陸績を敵城へ向けて発進させて馬超をそちらに引きつける。残った呂蒙や周瑜が槍兵と乱戦をしていると、名君の掛かっていなかった黄忠も攻城を試みてくるが、ここでもう一度名君。そして攻城へ向かった韓当と陸績を殲滅し終えた馬超が白銀でこちらへ攻城しに向かってくるが、もう一回名君(鬼畜 ここで劉備が「勝利をつかむのだ!」と声高らかに叫びつつ城門を叩くが…


 わ~っ!という歓声だけで減らない城ゲージ(ちょ


 そういえば通算で名君三度掛けされてた劉備の奮闘空しく、こちらの逃げ切り勝利w そして白銀の殲滅力はおかしいと思う。



 というわけで徳4に上がりました。大して緊張感もなく流されるままに(ぁ さすがに徳6からは大変そうですが、覇王目指してこのペースで頑張れればと思う次第です。

 あとこのレベルまでくると対戦相手の方々は武将が皆戦器装備してる上に兵法もMasterばかりなんですが。こっちは呂蒙と周瑜という二大武将が未所持な上に、連環の法はようやくレベル8… やっぱり郡遊伝で育ててるんでしょうね~。あんまりにも勝てなくなってきたら、自分も集めようと思います。んでは~ノシ








 おまけ。田舎だと徳4で公式サイトのランキングに載れちゃうんだぜ…

070905ranking.jpg


奇書



>のじさんへ
 ありがとうございます^^ けど最近どうにも大戦意欲が減退していて・・・ カード紛失には気をつけてくださいね~。
2007年10月10日 13時50分 T中 編集

T中様、おはようございます~。

わぁ!!!
だいぶんと遅くなってしまいましたが
中華統一おめでとうございます(≧∇≦)b
そして、カード紛失、ご愁傷様でございました。°°(≧□≦)°°。

徳4、すごいデス━(>ヮ<)━
覇王目指して、頑張ってください~
2007年09月15日 04時04分 のじ 編集

>長閑時雨さんへ
台バンだけはやらないように気をつけてるんですけどねー。徳はまだ追い付けますが、もうちょっとしたら離されてく予感‥‥というか3への引き継ぎとかどうなるんでしょうね?
2007年09月14日 21時15分 T中 編集

例え挑発連打されようと、台バンしようと思っちゃダメですよw
この間見かけた人はバンバン叩いて奇声を上げ、あれほど傍目に哀れな人も・・・。台バンとかは他人から見るととても嫌な行為ですからね。

っていうか、休んでる間にもう徳抜かれそー!!
2007年09月06日 21時19分 長閑時雨 編集

K浦orT中への奇書
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。